CAD 図面・3D モデル・仕様書・マニュアルなど、製品に関する全てのドキュメント(バージョンや改訂履歴も含む)と部品・構成情報をPDM(BOM)で管理し、生産情報システムの部品・構成情報とシームレスに連携。重複入力や転記ミスを排除し、誤発注の防止や発注業務の圧倒的時間短縮を可能にします。また、単価情報も生産管理からPDM に取り込まれるため、設計者の原価意識の向上や、さらには部品・ユニットの共通化も促進できます。