オービックのハイブリッド型地図情報システムは、クラウド技術を活用した外部地図コンテンツサービスと、自社サーバーに蓄積される独自情報を融合させた新世代の地図情報システムです。特に、クラウド型地図コンテンツの利用は、初期及びランニングでの地図コストを大幅に縮小し、従来踏み込めなかった領域における地図情報システムの活用が可能です。