勤怠管理業務の効率化、従業員の労働時間を把握、など勤怠管理業務には様々な課題が存在します。業務効率化から情報活用まで、タイムカード、指紋認証など、多様なインフラに対応し、全社規模における就業情報の活用を促進します。